会 社 情 報  環境・社会貢献活動のご紹介
 東洋精機工業は、環境保全が人類共通の課題であることを認識し、環境との調和を考えた生産活動に取り組んでいます。また、社会のグローバル化に対応すべく、国際規格に適合した生産活動を行い、新しい時代を築くために日々挑戦を続けています。
 東洋精機工業株式会社は、自然環境に恵まれた山紫水明の地と呼ぶに相応しい長野県茅野市に位置し、工作機械の設計、製造、販売、自動車部品等の製造および半導体製造装置の設計、製造、販売の事業活動を踏まえ、技術的、経済的に可能な範囲で環境に与える影響を特定し、理念に基づく各種マネジメントシステムを構築し継続的改善と環境汚染の予防に取り組みます。


取り組みの一例
資源エネルギーを大切にします 環境にやさしい製品を造ります
コンプレッサーの廃熱を暖房に使用 省スペース型マシニングセンタ 「 TVT324M1


ISO認証取得
 東洋精機工業株式会社は、お客様に信頼される品質保証と地球環境の保全が社会共通の課題であることを認識し、「ISO9001」品質マネジメントシステムおよび、「ISO14001」環境マネジメントシステムの認証取得をいたしました。
ISO 9001:2015 ・ JIS Q 9001:2015 品質方針
 顧客満足の向上と製品の品質保証を図る為に品質マネジメントシステムを確立し、その有効性を継続的に改善することにより、業務の適正化を図るとともに、生産の品質を向上させ、社会的信用及びお客様の信頼を高める。
  1. 創意・工夫で収益体質構築
  2. 差別化商品の開発
  3. 量産技術の確立
  4. 原価低減
  5. 計画による社員教育の実行
  6. 5S「整理・整頓・清掃・清潔・躾」の励行
2018年10月1日
代表取締役社長  小川 健
管理責任者 取締役 小川 毅



(Registration card: Quality)
 当社は、当社製品をご利用いただいておりますお客様各位の満足度の向上と、当社製造販売機械製品の品質保証を図る為に、品質マネジメントシステムを確立し、その有効性を継続的に改善することにより、製造業務の適正化を図ると共に、生産機械の品質を向上させ、社会的信用及びお客様の信頼を高めることを目的に、ISOの認証取得をしました。


ISO 14001:2015 ・ JIS Q 14001:2015 環境方針
理 念
東洋精機工業株式会社は地球環境の保全が人類共通の課題であることを認識し、環境保全に取り組み環境との調和を考えた生産活動を企業活動の基本とし行動します。
  1. 東洋精機工業株式会社は工作機械及び部品の設計、製造、販売と自動車部品の製造、販売および半導体製造装置、各種装置の設計、製造、販売の事業活動を踏まえ、 技術的、経済的に可能な範囲で環境に与える影響を特定しISO14001に基づく環境マネジメントシステムを構築し継続的改善と持続可能な資源の利用、気候変動の緩和及び気候変動への適応、汚染の予防に取り組みます。
  2. 環境影響を評価して環境目標を設定し、かつ見直しをします。
  3. 当社の環境側面に関係して適用可能な法的要求事項及び当社が同意するその他の要求事項を順守します。
  4. 特に下記項目について優先的に活動し環境保全に取り組みます。
    ① 資源・エネルギーを大切にする
    ② 環境にやさしい製品を造る
  5. 環境方針は、文書化し全従業員に周知徹底し、社外へ公示します。
2018年10月1日
代表取締役社長  小川 健



(Registration card: Environment)










社会貢献活動のご紹介
東洋精機工業株式会社は、地域社会の一員として環境保全活動に参加しております。
◇ 市内クリーンウォークへの参加
 
   当社本社工場より第3工場への道路沿線の清掃活動(ゴミ拾い)を1年間に3回行っております。

◇ 市民の森「育林祭」への参加
 茅野市市民の森「育林祭」に参加し、植樹や小径木の伐採などを行いました。

◇ エコキャップキャンペーンへの参画
 社内や従業員の家庭で、分別されたペットボトルのキャップを回収し、ワクチンを購入するための活動に参画しております。